前へ
次へ

子供の時から歯医者を頼るのが大切な理由

歯周病は虫歯と並んで口内に発生するトラブルとして有名ですが、子供の時は虫歯は発生するものの、歯周病になってしまうケースは少ないです。子供の時でも歯肉炎になってしまう事はありますが、歯肉炎から歯周病に進行するのは基本的に大人になってからのが多くなります。しかし子供の時から歯肉炎を頻繁に発症している子供は通常よりも意識して歯医者を頼った方が安全です。歯肉炎自体が歯垢が原因となって発症する病気ですから、歯磨きがちゃんとできていない事が考えられます。歯医者では治療だけでなく歯磨きのやり方等を丁寧に指導してくれる所もあるので、子供の段階から正しい歯磨きの方法を学ばせた方が、大人になってからの歯のトラブルを減らせます。また子供の時に歯医者に慣れ親しんでおけば、大人になっても定期的に歯科クリニックに通える状態になりやすいですから、歯の事は歯医者に任せるのがベストだと習慣化させる事ができます。親が率先して行動すれば、子供の将来の歯を守れるので、素敵です。

Page Top